僕に向かって伸ばした指先は緊張で微かにふるえている。 その目は泣き顔と間違えんばかりに潤んでいた。けれども、 「私は必ず、あなたを吊ります。」 瞳はそう言う決意で、僕を見ている。 (さらに…)
続きを読む