皆さん、「熱盛」って知っていますか?

元々は報道ステーションと言う番組のスポーツコーナーで、プロ野球の熱いプレーに対し演出として出るテロップです。
ところが、これが有名になったのはプロ野球報道ではなく、とある深刻な事件です。

(アナウンサー)
福岡市で多額の現金が強奪された事件で、さらに新しい情報がァ熱盛ィィ!

……失礼いたしました。熱盛と出てしまいました。

――という感じで、別の事件の報道中にテロップが誤爆してしまい、空気をぶち壊してしまう、と言うシュールな笑いを生み出していました。

さて、ところ変わって人狼HOUSE名古屋。
僕はゆっくり喋る縛りプレイをしたく、初心者人狼会の日に19時から向かいました。
すると、まだお客さんが誰もおらず、店長のうめけんさんと副店長のお抹茶さんと3人で雑談をしていました。

うめけん「そう言えば、熱盛って知ってる?」
お抹茶「えーなんですか?知らないです。」
らす「なんか放送事故の奴だよね?」
うめけん「そう。今日は初心者人狼会なので、専門用語を言ったらGMが熱盛ィ!って言います。」
お抹茶「それ言われたら何かしなきゃいけないんですか?」

うめけん「恥ずかしい思いをします。」

らす「それだけ?(すでに乗り気)」

うめけん「それだけです。」

目を輝かせながら話すうめけんさん、その後他のお客さんが来て、初参加の人にインストを済ませた後、皆に説明をします。
「今日は初心者人狼会という事で、なるべく専門用語を使わずにプレイしてくださいね。専門用語を言ったら『熱盛りィ!(いい声)』と出てしまいますからね。」

そしてはじまる村。
早速、専門用語縛りがはじまります。

「きょーへいさんが、実は完ステ熱盛ィ!(いい声) ……えーっと、ずっと黙っていたじゃないですか?」
「占襲撃なしで確定白って事は真狂でも真狼でも囲えてない可能性が高いからグレーかrトリプル熱盛ィ!(いい声)……あー、これ最初から言い直します。グレー熱盛ィ!(いい声)毎度すいません。」

次々とやられていく経験者たち。
そして巻き起こる笑い。

さらに、投票の時。

「彼女は占いから叩かれたときに、私は村人なのに私を疑うなんてバカなの!?って態度に見えァ熱盛ィ!…たから、私は彼女を白だと思います。」
「「今のは何熱盛なの!?」」
うめけん「暴言熱盛です
(※実際はそこまでピリピリした雰囲気ではなかったです)

暴言まで笑いに変えてしまう熱盛、恐るべし……。

その後も熱盛の嵐は止まらず。
AさんとTさんが互いに疑いあい激論を交わした後も、
うめけん「今日の熱盛を指差してください!3.2.1……」
「「「「熱盛りィ!」」」」(ハモる参加者たち)
うめけん「Aさんが3熱盛、Tさんが……4熱盛りですね!遺言をどうぞ!」
(※悲しくも4熱盛されたTさんの名誉のため伏せ字とさせていただきます)

などなど、大いに盛り上がりました。

ちなみにこの日の勝敗は、

  1. 初心者さんに投票されるも最終日ランダムで生存勝利
  2. 最終日前日に狂人から黒を出された村人を吊らずに片白を吊り生存勝利
  3. 最後まで霊能者でまとめて生存勝利

と、絶好調な日でした。

初参加の人も、楽しんでもらえてたらいいなぁ、と思いました。ともあれ、専門用語縛りの村は面白いと思うので、今度はきっちりと村を勝利へ導く事を目標に、またやってみたいなと思いました。

何せ、今回引いた役職は上から順に人狼、人狼、狂人でしたので。
(でも普段よりだいぶ丁寧にやりました。本当ですから。)