おすすめ長期人狼のログ 15選(役職人狼・他薦編)

#1fav1リプごとに1つおすすめや思い出の狼ログについて語る

……と言う企画をやったので、備忘録代わりに。
長期のお話です。

自分が参加していないログ

  1. F1559村
    白ログ推奨と言うログは多々あるが、この村は敢えて全部の情報を頭に入れて、赤ログで読むのが面白い。
    F編成においては「圧倒的な真視を集めた占い師が存在し、狩人が生存している」と言う状態は必勝とも言われ、多くの狼が吊り縄を受け敗北します。しかしこの村は前述の条件を以ってなお、ベテラン狼の襲撃と、若い狼の熱い発言により不利をひっくり返し、狂人の絶妙なアシストによって勝ちを手にしている。
    「どうせこの流れだと勝てないし」なんて気持ちになった時に読み返すと強さを貰えます。
  2. G1201村
    僕の知らない間に大量のおすすめ票が入っていたのだけど、何を隠そう、この村に最初におすすめコメントをつけたのは僕です()
    この村の立ち上がりは狼が不利な状況からスタートします。
    盤面を利用して徐々に吊られない立ち位置を確保するLWの技量にも注目すべきだと思いますが、村側視点で1度は白ログで読んでいくと読み物としてとても面白です。
    話を狼に戻しますが、なぜ最終発言からあのエピローグに至ってしまったのか。
    そこに「発言力はあるが何故か勝ち切れない狼」へのヒントが隠されている様に思います。
  3. F1512村
    狼側狭義完全勝利を目指して成し遂げてた村。全ログじゃなく狼ログ推奨。
    村側の反面教師村?言いたい人には言わせておけば良いんです。そんな事より2日目からの赤ログを読んでいきましょう。
    仲間が思った通りに動いてくれない時、自分の本来の動きが出来ない時。
    普通はずるずると劣勢になっていって負けるパターンに陥りますが、それを打開するにはやはり赤ログを活かして仲間に腹を割って話すしかないのだと思い知らされます。
    村の雰囲気に関しては、黒塗り型の狼が抱えるジレンマとも言えますが、やや荒れ気味です。
  4. F518村
    まず人視点で初日を読みます。→狼視点で初日を読みます。
    「真実は見る人の中にあり、実際どうであるかは全く狼の動きに関係がない」と言う基本とその実行の難しさを端的に教えてくれます。
  5. C1429村
    狼側をやる際にどのような点に着眼を置くか、頭では分かっていてもどういう発言が相手に影響を与えるのか分からないと言う方は多いと思う。
    そう言った「黒い動き」の実践と解説のログです。
    正確には狼ログじゃなくてC狂ログみたいになりますが…。
    配役だけ頭に入れて読んだ後に、赤ログとエピローグの解説を読むと、とても勉強になります。短くて読みやすいのも◎。
  6. F1986村
    ブレイン狼騙り占による信用調整の実践例。
    潜伏狼2人の特性を上手く活かした動きは、2度3度と読んでいけばさすが玄人と惚れ惚れするはず。村側PLの野郎共はエピローグでも読んでおけばタメになると思います。
  7. 人狼議事Mr24村
    狼3人が3人共個性的で面白い。 独りは正統派の強弁狼、独りは話をキッカケに後から人物像を上積みしていく事で生き延び、独りは人狼においては珍しい「教えてもらう」動き。
    印象操作とか共感とか、人狼にしか役に立たない様な単語も飛び交う世界だけど、人間関係の構築テクニックは実社会の経験から引いてくる事が出来ると言う当たり前の事を再確認させられる。 赤ログは少ないながらも上手く3人の動きが絡み合うのが読んでいて非常に心地よい。
  8. F1276村
    とりあえず白ログで読みます。そしてもう一度全ログで読みます。
    ふーっと一呼吸入れて、どこか一つでも消化してから狼1回やったら1か月後ぐらいにまとめサイトの解説を読みましょう。
    この村は自分の人狼をやろうと思ったきっかけの村で、バイブルです。
  9. F2187村
    真狼-真狂が流行ってしまっている今では襲撃筋などは当時より参考になりにくいかもしれないが、読んでみた時どこに目が向かうだろうか?騙り狼の強さ、LWの白さ、奇策の成功……。
    色々と見どころはある村だけれども、この村の一番の見どころは、セカンドプランの作り方。基本的な勝ち筋を占い師騙り真決め打ちにおいているものの、事故に備えてきっちりと自分と灰村人を紐付けて、同時に黒出し先を吟味する動きは、誰しも一度は赤視点で追うべき村だと思います。
  10. 瓜1214村
    2狼の寄り添い合うような動きがとてもうらやましく感じる村。
    審問以後の村と、少し毛色が違う村なのだけど、感覚的な部分を分解していくと結局論理的に説明可能では、と思うと同時に、頭で考えて再現可能であるように思えてきます。
  11. リア充国36村
    LWの白ログでの主観の強さと赤ログでの客観的な襲撃・心理的誘導の組み立ての2重視点が面白い。人視点→全ログの読み方で2度美味しい。
    この村は非常に個人的な感想を言うと、村人たちが綺麗に狂って行くのも見どころの1つだと思うので美しい滅びを見たい人には特にこちらのログがオススメできます。
  12. 人狼議事AS16村
    恋天使入り村。この村の見どころは白ログは勿論ですが、中盤以降の狼仲間同士の探りあい・交渉でしょう。
    恋陣営の後追い=即負けの状況の中、ぎりぎりを踏ん張って交渉する狼の奮戦がかっこいいです。
  13. 人狼議事大乱闘117村
    LWの話術・感情・反応力がすごい。全て高レベルで完成しています。
    実は強い女の子が、それを隠しながら野蛮に殴りあう野郎共の上から乗っかって、そして勝つ!こんな痛快なログ、なかなか読めるもんじゃない。
  14. 人狼議事大乱闘83村
    LWが凄いです。
    5番目でも挙げた、某狂人さんと中の人が同じなのです。なかなか白ログだけでは伝わらないかもしれませんが、
    能力を低く装い村を滅ぼす、まさに「人狼の人格偽装」の代表例として挙げられる村になります。
    最終日、村人に負けを叩きつける姿も含め、もの凄くかっこいいです。
  15. 人狼審問259村
    えっ、何故このような古い村を挙げるのかって?
    かつて狼PLとして、夢の様なことを考えて、実際にそれを行動に移した人がいる。
    その事を皆に知ってほしいからです。人狼の為そうとしたこと、また、読み物としてもとてもおすすめです。